読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BitCoin=”仮想”通貨という表現っておかしくない?

よくBitCoinは仮想通貨の一つと表現されますが・・

この”仮想”って言う表現がおかしくない?って思います。

この表現が仮想=偽物って感じがしませんか?

そもそもBitCoinは英語でいうとcryptocurrencyと表現されていて、

直訳すると「暗号化通貨」なんです。

 

じゃあなぜ仮想通貨と表現されているのか?

暗号化って言う表現が

わかりづらいんです。

 

わかりづらいものを例える上で多分セカンドライフの中で使われていた

リンデンドルから来てるのではないかと私は思います。

f:id:ushishibaku:20170115202126j:plain

セカンドライフ」っていうヴァーチャルゲームの世界の中で使われていた通貨で、

10年前に一時期フィーバーして、実際の円やドルと交換ができるようになったところから、それと類似品として仮想通貨として表現されているのではないかと思います。

Second Life - Wikipedia

 

確かにリンデンドルは仮想のゲームの上で使われた仮想通貨です。

例えて言うならドラクエのゴールドや、FFのギルと同じです。

 

じゃあドラクエのゴールドとBitCoinは同じものか?

いいえ全く違います。全く。

 

ドラクエのゴールドが現実世界で使えますか?使えません。

BitCoinは使えるのか?使えます。まだ少ないですが、現金と同じ扱いになります。

 

それがなぜ同じものとして表現されるのか?

ただ、分かりづらいから”仮想”と表現したんです。

まあ確かに暗号化通貨って言う表現がイメージしづらいのはわかります。

でもだからと言ってヴァーチャルマネーと一緒にしてしまうのはいかがかと・・。

 

理解をし易い方法で言うのであれば、どちらかといえば、LINEPAYに使われる

電子マネーの方が近いんじゃないかと。

誰もLINEPAYに対して怪しいとか言わないですよね?

LINEがなくなればその電子マネーが使えなくなるし、

一度電子マネーに換えたら元の円に戻す方法はないし。

いいんですか?そんな危ういもの使って?笑

 

まあそもそも電子マネーってなに?っていう質問になるかもしれませんが

まあ、電子マネーはデパートの商品券みたいなものです。

商品券に換えたら指定の場所でお金と同等のものとして使える。BitCoinも同じ。

 

じゃあBitCoinもデパートの商品券と似たようなもの?

デパートの商品券は仮想通貨と同じもの?

全然違うよ!というのであれば

BitCoin=仮想通貨は全然違う!

 

特に何か答えがあるわけではないんですが笑

なんとなく気になったので書いて見ました。